確実に治そう!淋病の感染経路と治療方法のすべて

medical pharmacy

病院での検査方法

curative

一時期、減少傾向にあった淋病ですが感染者ゼロには至らず、男女ともに少なくない数の人が今まさに感染中という状況です。疑わしい場合は病院で検査を受け、まずは知ることが大事です。

More

性器と喉に出る

drug

淋病の感染経路は性行為、ということは性器に症状が現れると早合点してしまいがちですが、必ずしも性器だけでなく、オーラルセックスによって喉に感染するケースがあることも発覚しています。

More

完治するまで油断禁物

physics

淋病とは、淋菌感染症のことであり、性感染症の1つです。主に男性の場合は尿道炎を、女性では子宮頸管炎を引き起こします。また、この症状を放置してしまうと、身体の奥に広がっていき、男性は精巣上体炎、女性は卵管炎や腹膜炎、肝周囲炎を引き起こしかねません。感染経路は、性行為やオーラルセックスによるものです。症状を治すために、抗生物質を決められた期間飲み続けることが必要不可欠です。もし、抗生物質を飲まなければ完治せず再発してしまう上、症状の悪化に繋がってしまいます。淋病を確実に治すためには、きちんと医療機関を通して検査をし、抗生物質やその他の薬を出してもらうことが1番の道です。また、薬を飲み終えてからも完治確認検査を受けることで再発を防ぐことが出来ます。感染経路についてもよく知り予防に努めることで再発を防げます。

現在、淋病を患っている患者は感染経路などの事情から戦後など増加傾向にあった時期と比べると徐々に減少傾向にありますが、未だにあとを堪えません。淋病の治療を始める際には、検査が必要不可欠ですが、現在最も高感度の検査法が、PCR法やSDA法に代表される遺伝子核酸増幅法です。この方法は、検体中に含まれるDNAを増幅させてから、その増えたDNAが淋菌のものであるかを判別する方法です。検体したDNAに微量でも淋菌が存在するとそれを検出することができます。その他にも検査方法は多数ありますが、現在の検査方法としては、この方法が最も高感度だと言われています。また、淋病を防ぐためには先にも述べたように感染経路をしっかり把握することも重要です。

二つの性病、一度に感染

 medicine

性感染症と名の付く病気はたくさんあり、細菌やウィルスの数もたくさんあります。中には同時に感染するケースもあり、淋病とクラミジアを同時に発症するケースが特に多いとされています。

More